2014.03.30

無題

anon.jpg
ささやかな、とてもささやかなこと。

スポンサーサイト
Posted at 23:29 | ひとかけら | COM(0) | TB(0) |
2014.03.30

靖国神社の桜

靖国神社_01

 昨日、靖国神社へ桜を見に行きました。

続きを読む
Posted at 20:52 | 日々の徒然 | COM(2) | TB(0) |
2014.03.30

好きなCM その1 「キューピー マヨネーズ 野菜畑」(1991)

 私はTVを持っていないので最近のCMは全く分かりませんが、昔のCMは素敵なものが多かったような気がします。特にキューピーマヨネーズやサントリーのCMは印象的でした。今回は1991年に放送されたキューピーマヨネーズのCMをご紹介します。



 早朝の?キャベツ畑にピーターラビットがちょこちょこ動くのが愛らしいですね。落ち着いたナレーションやキャッチーな音楽も素晴らしいです。

Posted at 17:34 | 好きなCM | COM(4) | TB(0) |
2014.03.29

藤真利子

アブラカタブラ


 以前からずっと欲しかった藤真利子のアルバム狂躁曲アブラカタブラが再販されました。廃盤になって久しく、いつもはyoutubeで聴いて我慢していたのですが、動画が削除されて「もしや?」と思ったら案の定でした。アンソニー・ベイルズさんのオランダ・リュート曲とミケランジェロ・ガリレイのCDを買った後に、偶々見掛けたエイヴスン・アンサンブルによるコレッリの教会ソナタをオーダーし、さらに間髪入れずにポチり・・・。ああ、野口さんやら諭吉さんやらに羽が生えて飛んでいくorz
Posted at 19:38 | 音盤記 | COM(0) | TB(0) |
2014.03.29

家族

ゆうちゃ20140329
 君が安心していられるから、僕も安心していられるんだ。
Posted at 19:19 | ゆうちゃ | COM(2) | TB(0) |
2014.03.29

名器「グライフ」によるバッハとヴァイスの音楽

 佐藤豊彦先生のリサイタルに行きます(チケット予約済み)。今回はヴァイスの初期の作品の他に、11コースのリュートのレパートリーとしては珍しく、バッハの曲(チェロ組曲第1番)を取り上げるようです。私はどちらかというと、バッハのリュート演奏は苦手で避けてきたのですが、今回は名手による(11コースの)オリジナルの名器を用いての演奏で、勿論オールガット弦となれば、スルーするわけにはまいりません。今からとても楽しみです。
Posted at 19:18 | 音楽帳 | COM(4) | TB(0) |
2014.03.29

ゴリゴリと・・・

ナット


 11コースの弦高を下げる為にリュートのナットをゴリゴリとヤスリで削りました。1フレット目とすれすれになる程低くなっています。ここまで低いと、胴巻き弦は雑音が酷くて使い物にならないのですが、低いピッチのガット弦はこのビリつきがプラスに働き、より複雑でまろやかな音色になります。

 この他にもまだまだいろいろと手を加える予定で、最終的にはガットしか張れないような楽器にする予定です。目指せ、脱化学繊維弦(といっても、11コースリュートは既にオールガットですが)!
Posted at 18:56 | 音楽帳 | COM(0) | TB(0) |
2014.03.23

私とリコーダー その6

Barocke_Blockflöten
大小様々なリコーダー(M.プレトリウス著「音楽大全(1614-1620)」より)


 ギースベルトのリコーダー教本を見ながら一年程リコーダーを吹いていましたが、才能も無ければ基礎が無い人間が自己流でやったのが悪かったのでしょう、段々と自分の吹き方がこれで良いのか疑わしく感じるようになり、また、吹いていてちっとも楽しくも何ともありませんでした。リコーダーを昔吹いていたとはいえ、前の記事にある通り強制されて嫌々やっていたものでしたから、フィンガリングはたどたどしく、タンキングも不安定で怪しいもの。加えて、楽譜こそ読めるものの音楽の基礎はゼロ、バロック時代の演奏習慣などの知識も今みたいに歴史的資料や専門書ではなく、CDのライナーノートやインターネットで聞き齧った?ものの寄せ集めでした。

 思えば、やっている事が何もかも間違いだらけだったのです。これでは音楽を楽しむ以前の問題で、なるべく早くレッスンを受けなければと思ったのですが、どうにもレッスンを受ける気が起きず、仕舞にはリコーダーを吹く事が億劫になっていきました。また、つのだたかしさんの「Lute」というアルバムにあるゴーティエの「メッサンジョーのトンボー」やアルベルト・クルニョーラさんの弾くファルケンハーゲンのリュート・ソナタを聴いて涙を流すほど感動して以来、興味の対象はリコーダーではなくリュートに移っていました(ここで白状すると、私は未だ嘗てリコーダーの音楽を聴いて涙を流すくらいに感動したことはありませんでした)。この時、薄々ではありましたがリコーダーを始める動機が不十分であったことにも気付き始めていました。
Posted at 12:43 | 音楽帳 | COM(0) | TB(0) |
2014.03.23

僕の欲しいもの

SH380004.jpg
空色の紙と雲色のインキ

Posted at 07:28 | ひとかけら | COM(4) | TB(0) |
2014.03.23

最近のゆうちゃ

ゆうちゃ20140322

 あとひと月ちょっとで成猫、立派なレディです。まぁ、どう見てもレディという柄ではな・・・うわなにをするやめr
Posted at 07:23 | ゆうちゃ | COM(2) | TB(0) |