2013.11.30

昔の落書き3

狐耳2
狐耳のデフォルメ。今描いたら随分デザインとかタッチとか変わっていると思うけど、描く気力が・・・orz

みんな!オラに力を分けてくれ!
スポンサーサイト
Posted at 19:40 | 落書帳 | COM(6) | TB(0) |
2013.11.30

雲間

SH380054.jpg

 雲に及ぼす陽光の影響について。

Posted at 18:22 | ひとかけら | COM(0) | TB(0) |
2013.11.30

ロジー伯

 リュート音楽家にはディレッタントの人が多い。バロック時代において同時代人から多くの尊敬を集めたボヘミアのリュート、ヴァイオリン奏者ヨハン・アントン・ロジー(1650c - 1721)は、職業音楽家ではなく貴族(伯爵)であった。リュートは侍従のヒュルゼという人物から手ほどきを受けたといわれる。伯爵は旅先にリュートを携えることがあり、インスピレーションが湧くと馬車を止めさせ、作曲のペンを走らせた。今日、彼の作品として残されているものには走り書きされたようなものもあるが、そのようにして書かれたのかも知れない。


Chaconne in F Major

演奏:Daniel Shoskes(11c-barouque lute)続きを読む
Posted at 17:29 | 音楽帳 | COM(0) | TB(0) |
2013.11.27

僕の好きな音楽 ~6弦ヴィオルの音楽~

 僕は弓で弾く弦楽器はヴィオルが一等好きで、6弦のバスやソプラノなら尚良い。だのに、皆マラン・マレー弾きたさに7弦のバスばかり弾こうとするし、バロック弾くなら7弦でなきゃならないと思われている節があるような気がする。実際は全くそんな事はなくて、マレが活躍した時代のフランスで製作されたと思われる6弦のバスは残っているし、フランスのヴィオル音楽だけがこの楽器の全てではない。現にドイツではキューネルやシェンク、セバスティアン・バッハ(彼の3つのソナタの一部で7弦を要求する箇所があるが、音を上げたりするなどして6弦で弾かれることも少なくない)など多くの音楽家が6弦バスの為の音楽を書いている。


Schenck:Sonatas op.8 "Le Nymphe di Rheno"

演奏:Francisco Luengo & Xurxo Varela(6 String Bass Viola da gamba)続きを読む
Posted at 12:43 | 音楽帳 | COM(0) | TB(0) |
2013.11.26

再びカリガリ博士

caligari2.jpg
 月明かりの下、ウヰスキーを飲みながらカリガリ博士とフロイトの夢判断について議論をしたい。
Posted at 22:49 | ひとかけら | COM(4) | TB(0) |
2013.11.26

人の声に最も近い

Viola da gamba
 人の声に近い楽器とはヴィオルである。だがしかし、君はチェロみたいに大袈裟に話すかも知れないし、トロンボーンやホルンみたいに野太い声をしているかも知れないがね。(これも何某先生)
Posted at 22:34 | ひとかけら | COM(0) | TB(0) |
2013.11.26

昔の落書き2

無題-スキャンされた画像-13

 前の記事の僕っ子。ほんとにラクガキ。ところで、少年めく女性乃至少女ってすごく魅力的に思う。両性何方の特質も持たない存在、そういうタルホ的な要素を突き詰めた少年的少女というのを描いてみたい。
Posted at 21:52 | 落書帳 | COM(0) | TB(0) |
2013.11.23

日向ぼっこ

SH380199.jpg

今日は日差しが気持ちいいですね。ユウちゃんは気持ち良さそうに日向ぼっこしてます、ちと変な格好で;
Posted at 13:22 | ゆうちゃ | COM(8) | TB(0) |
2013.11.23

冬の装い

SH380198.jpg

 秋なんて無かったと最近は言われますが、まだ(もう?)11月なのに冷え込みが厳しいですね。ユウちゃんも冬毛に生え変わってすっごくモフモフです。
Posted at 08:40 | ゆうちゃ | COM(2) | TB(0) |
2013.11.22

昔の落書き

 最近はあまり描いていませんが、昔(4,5年くらい前)は下手の横好きで、ちょくちょくお絵かきしてました。この絵もその頃描いたもので、男の子っぽい女の子というか、いわゆる僕っ子を描いたもの。この絵のお蔭でロリコン疑惑をもたれてしまいました(誤解だぁ・・・)。

キャスケット帽


 こっちの絵は私が好物好きな狐耳の女の子。さっきの僕っ子よりは大人っぽいイメージ(20代前半くらい)で描きました。今見ると、尻尾がやっつけ仕事で服の形も雑という、我ながら何とかならんかと思ってしまいますorz


狐耳


 この絵の二人、いつかきちんと描いてあげたいなと思ってはいるものの、なかなか手が回らない今日この頃・・・。
Posted at 18:20 | 落書帳 | COM(4) | TB(0) |