2014.03.29

藤真利子

アブラカタブラ


 以前からずっと欲しかった藤真利子のアルバム狂躁曲アブラカタブラが再販されました。廃盤になって久しく、いつもはyoutubeで聴いて我慢していたのですが、動画が削除されて「もしや?」と思ったら案の定でした。アンソニー・ベイルズさんのオランダ・リュート曲とミケランジェロ・ガリレイのCDを買った後に、偶々見掛けたエイヴスン・アンサンブルによるコレッリの教会ソナタをオーダーし、さらに間髪入れずにポチり・・・。ああ、野口さんやら諭吉さんやらに羽が生えて飛んでいくorz
スポンサーサイト
Posted at 19:38 | 音盤記 | COM(0) | TB(0) |
2014.03.01

20年・・・

 リコーダー関連の記事を書いていて気付いたのですが、バロック音楽を初めとする古楽を聴き始めたのが中学1,2年の時で、もうかれこれ20年が過ぎたのですね・・・。あの頃は中世からバロックか前古典派くらいまで聴き漁っていて、CDショップに置いてあったアルヒーフやセオン、テルデックとかのカタログを見ては目を輝かし、古楽関係のムックを読んでは心をときめかせていました。それはもう、アニメやゲームと同じくらい、私にとってはなくてはならないもので、どこぞの大型CDショップのキャッチフレーズではありませんが、「No (Early)Music, No Life」と言っても過言ではありませんでしたね。

 やがて、古楽の裾野が古典派や19世紀まで包括するようになると、歩調を合わせるように古楽器というだけで何でも聴くようになり、一方で、国内盤だけでは満足いかなくなった私は、六本木のWAVEや渋谷のタワーレコード、池袋のHMV、銀座の山野楽器、それから、秋葉原の石丸電気などに、兄貴のパシリのついでに通っては、お小遣いと(パシリの)駄賃で国内盤よりも安くて種類も豊富な輸入盤を、慣れない英語やら仏語やら独語やらと苦闘しながら買ったりもしていました。もちろん、アニオタでもあったので、アニメ関係のCDや本も買っていたので、お店の人から見たら「アニオタのガキが珍しい古い音楽を買っている」みたいに奇異に映った事でしょう。ああ、ほんと何もかもが懐かしいなぁ。

 あれから時が過ぎ、最近のアニメにてんで疎くなり、古楽も聴く範囲がめっきり狭くなり、行き付けのCDショップも幾つか無くなってしまい、ついでに貧弱な三島由紀夫みたいな姿になってしまったけれど、取り敢えずアニメ(というよりコミック)と古楽(というよりリュートとガンバ)さえあれば何とか頑張れそうな今日この頃です。

Posted at 21:37 | 音盤記 | COM(2) | TB(0) |
2014.02.27

CD到着

荷物


 Presto Classicalに注文したCDがイギリスから先日届きました。4月に届くと聞いていたので、予定より随分速いものです。続きを読む
Posted at 20:17 | 音盤記 | COM(4) | TB(0) |
2014.02.13

お買い物

 Presto Classicalで古楽関係のCDを色々とオーダーしました。昔はタワーレコードやHMVあたりでCDを買っていたのですが、欲しいものは置いてないし、あっても割高(海外のショップやamazonに慣れてしまうと「ぼりすぎだろ」って思っちゃうんですよね)。最近はディスクユニオンで中古を探したり、Amazonで時々買うくらい。後は、ワンシーズンに一回だけ、今回みたいにPresto Classicalで纏めて買いします。ものは4月くらいに届くとの事、今から楽しみで仕方がありません。

Posted at 21:01 | 音盤記 | COM(0) | TB(0) |
2014.02.09

ケルナーのCD

ケルナー

 先日amazonで注文したケルナーのCDが届いて以来、時間があればずっと聴いています。ケルナーは18世紀ドイツの音楽家で、リュートの為に17曲からなる一冊の曲集を残してくれました。この人についてはもう少しじっくり調べた上でHPに書きますが、音楽を聴いてこんなに胸がいっぱいになったのは何年振りだろう!12コースや13コースリュートへの未練がなくなりました・・・。もうファルケンハーゲンもシュトラウベもシャイドラーも弾けなくても構わない、11コースにはケルナーがあるのだから、バロックリュートは11コースに精進する!

 それにしても、このCDと出会うまでに随分時間がかかってしまいました。もし、リリースした当時(1993年)に手に入れる事が出来たら、もっと早くリュートを手にしていたかも知れません。何はともあれ、この一枚でますます11コースのバロックリュートとケルナーが好きになりました。もっとこの人の作品が聴きたいけれど、他にケルナーの作品は残っていないものでしょうか?


Posted at 21:15 | 音盤記 | COM(10) | TB(0) |