2017.04.01

Goodbye, Baroque music!

18世紀以降のイギリス音楽に専念します。17世紀後半以降の11コースリュート関係を除いて。

Goodbye, Baroque music!
スポンサーサイト
Posted at 11:50 | 音楽帳 | COM(0) | TB(0) |
2015.01.25

マンドリーノ、帰る

 前の記事を見てお気付きの方もいらっしゃるかも知れませんが、マンドリーノが「おうちが恋しい」と我が家に戻って参りました。

DSCF0620.jpg


 ということで、THE EARLY MANDOLINを傍らに置き、しばらくマンドリーノに集中します。・・・読んでも良いけど汚さないでよ? -「あいよ!」

DSCF0623.jpg


Posted at 22:34 | 音楽帳 | COM(2) | TB(0) |
2014.12.31

筒井一貴 クラヴィコード・ミニ・コンサート

 昨日、横浜市市が尾にある古楽名曲喫茶真理庵で開かれた、古典鍵盤楽器奏者の筒井一貴先生のクラヴィコードによるコンサートに行って来ました。

続きを読む
Posted at 20:42 | 音楽帳 | COM(4) | TB(0) |
2014.12.30

風と弦

141227コンサート


 12月27日の事ですが、自由が丘で開かれたコンサート 風と弦 に行って来ました。当日のコンサートは2部に分かれていて、一つがフルート奏者の鶴田洋子さんのソロによる14時の部、もう一つの部はヴァイオリン奏者の鷲見明香さんのソロによる17時の部です。いずれも休憩を挟まない1時間程の演奏で、途中に演奏者によるちょっとした解説が入ります。どのコンサートもほぼ満席で、BCJの鈴木雅明さんや、息子さんの鈴木優人さん、それからチェンバロ奏者の伊藤一人さんの姿が・・・。

続きを読む
Posted at 13:33 | 音楽帳 | COM(0) | TB(0) |
2014.09.06

Kalivoda Lautenbuch

最近、Kalivoda Lautenbuchの曲をよく弾いています。特にお気に入りの曲はこのBoureとMenuetの2曲。

SH380207.jpg

SH380208.jpg

バスの使い方や歌うような旋律から、ドイツ系の作品かな?兎にも角にも良い曲です。Kalivoda Lautenbuchは1720年頃に成立し、ヴァイスやヴァイヒェンベルガー、ビヒラーの他、ピエール・ゴーティエの作品や、恐らく曲集の編纂者の作と思われる曲が収められた曲集で、11コースの他13コースの作品も収められています。


Posted at 14:52 | 音楽帳 | COM(0) | TB(0) |